前へ
次へ

社外での業務において名刺が必要です

仕事を行う際には社内の関連部署と打ち合わせを行ったり、或は情報共有を図りながら対応していますが、これらの仕事を進める中で私達は社外の業者の方との業務のやり取りを行いながら対応しています。
これは例えばですが、社外に業務を委託したり或はお客さんへの各種報告などを行いながら仕事を上手く回してきているのです。
そして社外の方との面識がない場合には最初に名刺交換を行い、お互いの部署名や名前を知ってもらいながら対応する事となります。
この名刺には役職や連絡先として電話顔号やメールアドレスなどが掲載されており、打合せの後に連絡したい事が有ったり、或は暫くは業務のやり取りが無かった場合でも、数年後に別の仕事で打ち合わせなどを行う際に名刺が有りますと、面識の有る方か否かの判断を行う事が出来ます。
この様に名刺は仕事を円滑に進めて行く中で不可欠なものとなっており、この作成は外注業者に依頼したり或は社内で印刷対応するなど会社の規模などによって対応が異なります。

Page Top